<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

B国無犯罪証明書 指紋宣誓書 その1

B国の無犯罪証明書の取得にあたり、先日指紋の採取は日本の警察で済ませました。
ところが例のごとく他国向けの証明書には、採取した人のサインや、警察署の証明などしてもらえないので、採った指紋が間違いなく自分のものであるという宣誓書を付け足す必要があります。

そこで、AUS領事館へ行きました。事前に予約をして領事の前で書類にサインをしました。
どこの警察で、何時指紋を採取したのか聞かれるので事前に警察署の英語名称を調べて
おくべきでした。よくわからなかったので適当に書いてしまいました。

領事館の人は普段AUSの無犯罪証明書向けに指紋の宣誓書は作成したことがあるが、
他国向けにはあまり例がないような事を言っていました。確かに、最終的にはAUS移民局に
提出する書類でも、「B国警察に提出するものをなぜここで???」
って思われたんだと思います。
とりあえずは日本の警察ではなにもしてくれないので宣誓の必要があると言ったら、
すんなり了承して下さいましたが、私も確かにそれを言われると…って感じです。
ただB国警察はそれで受け入れてくれると思うので、ひとまず安心です。
指紋の宣誓に関しては本人でなくてはダメなので、次は夫の番です。
あちこちで暮らすと何かとやっかいでもあります。

大使館はいつ行ってもすごいですね。建物といい、雰囲気といい。
私は出先の帰りに無理して足を伸ばしましたが、子供二人を連れていたので、
行きの地下鉄からの上り坂など苦労しましたがなんとか無事終わって良かったです。
ハイソな雰囲気をもう少し楽しみたかったのに、たどり着くまで必死でした。
子供達が大使館エントランスを入ってすぐの広場で追いかけっこをしはじめたので、
場違いな空気を感じ、早めに退散しました…。
[PR]
by studyeng4 | 2006-07-31 09:18 | 永住権 申請準備

日本、B国 無犯罪証明書指紋採取

B国の無犯罪証明書は指紋採取後に書類の認証をしてB国へ送付することになります。
認証の手続き・予約など多少時間がかかると予想されるので早めに指紋の採取を
することにしました。
日本の分も今日ついでに採ってしまいました。
日本は1週間後に受け取り可能です。
B国はこれからオーストラリア大使館に認証の予約を取り、B国へ送る準備を進めます。

進捗状況は思いのほか順調です。今週、MODLは3月申請分に入りました。
再来週くらいには自分達の順番になりそうです。
[PR]
by studyeng4 | 2006-07-21 16:18 | 永住権 申請準備

AUS無犯罪証明書 支払い不足のこと

先日のAUS無犯罪証明書の手続きに手違いがありました。
Hiroさん、Rinさんのサイトでの投稿を読み、イギリス仲介料について
早速確認してみました。やっぱり忘れていたみたいです。
仕方が無いので出直し、前回不足分を再度送金しました。
手数料はもちろん郵便局負担でしたが、「今回送金分のイギリス仲介料は
払って欲しい」と言われたのには???でした。
郵便局はよくわかりません…。

支払いが2度に分割されることとなり、すんなりいけばいいのですがいい気分はしませんね。
[PR]
by studyeng4 | 2006-07-20 16:02 | 永住権 申請準備

子供のEnglish Lesson 2回目

今日は子供の2回目のEnglish Lessonでした。
先月はお休みしたので2ヶ月振りのレッスンでした。今日は比較的リラックスして
できたと思います。英語を話すのはまだ照れくさいようでなかなか
はっきりお話するまでにはいきません。
こんな感じでいつからスイッチが切り替わるのかな~。と興味を持つようになりました。
きっとAUSに行って、英語の環境に変わると同時に子供は順応していくんでしょうね。
その最初の一歩が子供達にとって、少しでも抵抗無くなれば、それだけで
充分だと思います。

レッスンの終わりに先生とお話したのですが、カナダ人の先生は休暇で戻ることは
あってももうカナダで暮らすことはないだろう…。とおっしゃっていました。
日本に移り住む人、日本を離れようとしている人、人それぞれです。
[PR]
by studyeng4 | 2006-07-15 12:40 | 私達のこと

AUS無犯罪証明書 手配

AUS無犯罪証明書の手配をすすめることにしました。
名前による証明書の申請です。

今回必要だった書類は…

□Form 1101 Police records check
□国際返信切手券
□国際送金請求書コピー(Money order)
□パスポートコピー

EMSで送付完了です。

結構お金がかかりました。
国際送金は申請料金のA$36にプラスして手数料¥2500がかかります。
この手数料は送金金額にかかわらず一律やっぱり¥2500だそうで、ずいぶん高く感じました。

あと、国際返信切手券についてですが、6月30日で販売が中止されたそうです。
本当はもう購入できないみたいです。ただ比較的大きな郵便局には在庫があるので、
在庫があれば販売は8月末まで延長されたので購入できるそうです。
私は他の郵便局に出直し、なんとか購入できました。
最初の説明では、6月末で販売中止され、それに代わる商品もなく、在庫の販売も
していない。と言われたので、慌てましたが結局は買えて良かったです。

家に帰って調べてみると、9月以降は新形式で発行されるそうで、今後も同じサービスは続くそうです。結局のところ、小さな郵便局の局員さんはあまり馴染みの
ないものだと詳しくわからないみたいですね。

国際送金の手数料に関しても「¥2500だと思います。」しか回答がもらえず、
後で調べてみたら、¥1000から値上がりしたそうです。半年くらい前に…。
以前は断然郵便局がお徳だと思ったけど、これではお得感はあまりないですね。
いきなりそんなに値上がりするもんですかね~!
[PR]
by studyeng4 | 2006-07-10 14:26 | 永住権 申請準備